Web系の求人に応募するときには

Web業界といっても一人で何かのサイトを作り上げるというのでもなければ、他の業界と同じようにチームでする仕事が多くなります。ですから、一人で黙々と作業をする場面もありますが、チームで働いていくシーンも同じように多くなるのです。

よほど特別な技術を持ったスペシャリストならコミュニケーション能力も必要ないかもしれませんが、普通は技術よりもどのようにチームプレイができるかが重視されるのです。ですから、求人案件に応募するときからそれは意識しておいたほうがいいでしょう。

面接時にもしっかりとコミュニケーションが取れる人間なんだということをアピールしていくと採用される確率も高められます。そもそも新卒時には誰もがそれほど高度な技術を持っているものではありませんし、経験にいたってはなにをかいわんやです。コミュニケーション能力はどういった部署においても重視されることに変わりはないので大切なのです。将来的にデザイナーになろうと、プランナーになろうと、コミュニケーションがどれだけ取れるかで作業効率まで変わってきます。プロジェクトをまとめる指揮官であるプランナー、いわゆるWebディレクターへと成長できれば、フリーランスでの活躍は近い。参考になるサイトは【若手ディレクターの熱血フリーランス宣言】です。

コミュニケーション・交渉術などは新入社員のうちからそれは意識して経験を積んでいくのがいいでしょう。Web業界はIT関連の業界の中でも、比較的人と人とのやりとりが重視される世界です。もちろん、顧客がどのようなサイト作りを望んでいるかを把握することも大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です